So-net無料ブログ作成

『パピヨン』 [2010/11]

「パピヨン」
bou.jpg
といえば、
すっかり、漫画『土竜の唄』に出てくる
クレイジー・パピヨンこと日浦匡也のことになっている今の俺だが、

本来、「パピヨン」といえば
スティーブ・マックイーンの映画『パピヨン』の
主人公を思い起こすのが、ま、当たり前。

その映画『パピヨン』が夜中にBSでやっていたので、
久しぶりに観た。
最後の30分間だけ。

いつか子供たちに観てもらいたいなと思った。

自由を追い求めて、
過酷な試練や苦境と闘い抜く脱獄囚の話。

終わった後、
山本晋也カントクと作家の逢坂剛が対談をしていて知ったのだが、
『パピヨン』の脚本を書いたダルトン・トランボという人は、
『ローマの休日』も書いた人だったとのこと。
偽名で。

言われてみると確かにどちらも自由を求めた人間の話。
愛情にも似た友情だけが、
唯一つの精神的な手助けとなる点も同じか。

ふたつの映画を合わせて想起するとわかりやすいんだが、
“自由である”というのは
“未来を想像できる可能性が十分にある”ということだと思う。

そういう意味でいえば、
今の日本や世界全体がとても“不自由”なのは間違いない。

そんな状況でも、
不屈の闘志と鉄の意志を持って生きてほしい、
そう子供に対して、いや自分自身に対しても思うのだ。

パピヨンのように。

マックイーンでも、日浦匡也でも
どっちのパピヨンでもいいんだけどさ。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

SUKE

御意。
by SUKE (2010-11-14 02:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。