So-net無料ブログ作成

ケツの穴 [2011/05]

ゴールデンウィークの頭、三連休を利用して
福島の猪苗代に遊びに行ってきた。
fukittama.jpg
往きの東北道は大渋滞。
修復跡や段差、亀裂があって、
郡山までの道のりでも地震の大きさを感じた。

コテージを借りて、
肉やら野菜やらをバーベキューにして食おうという計画。

炭をおこして、
牛肉やら豚肉やら鶏肉やらラム肉やらソーセージやら、
シイタケやら野菜やらを焼いて食べる。

道の駅とか、地元の店とかにも寄って
食べ物をいろいろ買って帰る。

ついでに喜多方に行ってラーメンも食べる。

で、その食べ食べ旅の合間、
二日目の夕方、日帰り温泉に行った。

長男と次男を連れて露天風呂に入っていたら、
長男と同じくらいの子供が父親と入ってきた。

人見知りしない子供らしく、
うちの子供のほうにやってきていっしょに遊んでいる。
動物のマネをしながら風呂を動き回ったり、
次男の尻をもんだりしてる。

岩から飛び込んじゃダメだーとか注意してたら、
俺のほうにもやってきて、
ちんちんを見たり、逆に見せてきたりしている。

で、
「ほら、ぼくの尻は青いんだよー」
と、俺に尻を見せたかと思ったら、
「ほら、割れてるんだよー」
と、ぐぐぐっとケツを開いて穴まで見せてくれた。

いちおう、ありがとうと言っておいた。

風呂から上がって、
休憩所で長男たちとソフトクリームを食べてたら、
先に風呂から上がってたその“ケツ穴小僧”がやってきて、
子供たちに名前を聞いてきた。
ので、こちらも名前と年齢を尋ねた。

長男と同じ、小学校に入ったばかりの一年生。
学校は違うが同じ1年2組。

そのうち、父と母とおばあちゃんとおじいちゃんを連れてきた。
俺らのとなりで夕飯を食べたいらしい。

おばあちゃんと話して、
楢葉町から避難してきている一家だとわかった。

俺たちが東京から来ていると聞いて、
おばあちゃんはビックリしていた。

いっしょにご飯を食べようかともちょっと思ったけど、
バーベキュー用の肉やら野菜やらが待っているので、
後ろ髪を引っ張られながら別れた。

“ケツ穴小僧”は、外まで送りにきてくれて、
大きく手を振りながらクルマを見送っていた。

「またねー、また会おうなー」

で、今日、東京・三鷹の家に帰ってきて、
コテージの近くで採ったフキノトウを味噌に混ぜて、
キュウリをつけながら食べて、
山独活の天麩羅と、その皮のキンピラを食べて、
会津名物の馬刺しを食べながら、
もう一度、
あの小僧の超元気な顔を思い出した。

またねー。



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

ガンガンガン速

お邪魔いたしました。
いいですねーその男の子。笑う門には福来る!
by ガンガンガン速 (2011-05-02 15:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。