So-net無料ブログ作成
検索選択

南相馬・山元旅行記 その3 [2015/09]

yamamoto.jpg

再び山元トレセンへ。

事務所から調教の様子を見ながら、
馬と対面する時間を待つ。

トラックへ向かっていく馬の列の中に
一口馬主で持っている2頭のうちの
1頭がいると教えてもらう。
騎乗者が黄色と黒の帽子を被っている馬。

トラックを駆けあがってくる。
首を上げて上下に振っている。
折り合っていない。
騎乗者のいうことを聞いていないのだ。

相変わらずヤンチャだなあ。

その様子を見て、独り言を言って、
やっと笑顔を取り戻せた。
自分のことながら、
人間ってホント身勝手なもんだ。


馬に対面するため、厩舎へ行く。
車の後ろに乗せてもらう。
と、運転席の場長さんが
助手席に座っている人を紹介してくれた。

中舘ジョッキー!
いや、中舘調教師だ。

「妻が大ファンなんです!」

興奮丸出しで挨拶をして、一緒に厩舎へ。

2頭の馬を厩舎から出してもらい対面。

鼻面をなでたり、
額をこすったり、
写真を撮ったり、
首を叩いたり、
「ケガすんなよ」
と声をかけたりして、逢瀬終了。
ほんの10分程度だが、
とてもしあわせな10分だった。


トレセンを離れる時、
中舘調教師にお願いして
一緒に写真を撮らせてもらった。

「このレースで勝てなければ処分されてしまう…
 そういう馬を、
 ギリギリのところで勝たせることができる
 調教師になるのが目標です」

去年の12月、
調教師試験に合格した時の
そんな感じのコメントを思い出した。

中舘調教師は騎手時代、
ローカルで強いジョッキーだった。
福島競馬場では特に強かった。

最後に、もう一つだけ…
と、握手をしてもらって別れた。


さてと、東京へ帰るか。

山元インターから高速に乗って南下。
<南相馬PA>で休憩。
どうしようかな…ちょっと迷ったが、
そのままスマートICで高速を降りて、
南相馬の<道の駅>へ。

なみえ焼きそば、海苔のお菓子、
野菜に多珂うどんを買って、
名物のほっきめしのおにぎりと
アイスまんじゅうを食べる。


そして、やっぱりちょっと迷ってから
国道6号を南下していく。

去年の9月に通行規制が解除されて
全面開通となった道。
帰還困難区域を南北に貫く道だ。
そこを車で走っていく。

南相馬市から浪江町、
双葉町、大熊町、富岡町を通り抜ける。

途中、国道6号から脇に入る道には
まんべんなくゲートが設置されていて、
防護服姿の警察官が立っている。

昨日、南相馬へ向かう高速道路で
すれ違った警察の大型車両、
あれに乗っていたのは
この警備にあたっていた警察官かも
しれないな、と思う。

道沿いには
大型レストランやスーパー、
ガソリンスタンドなどが並んでいて、
想像していたよりずっと
にぎわっていた場所だったのだと知る。

震災がなければ
家族連れなんかでこの日も
にぎわっていただろう。

助手席の妻は周囲を見ながら
「死の町みたいで怖い」と言う。

昔、子供の頃に観た
映画『カサンドラクロス』を思い出す。


帰還困難区域を通り抜け、
楢葉町を通過、
広野インターチェンジから高速に入る。
正直、ちょっとホッとする。

なんだか疲れて、
茨城県に入ったらすごく眠くなって、
サービスエリアで
妻に運転を代わってもらった。
大泉の高速出口を出るまで
ぐっすり眠ってしまった。


帰ってから三日後。

思い切って、
山元町の中浜小学校について
インターネットで調べてみた。

あの小学校に避難した子供たち、
そして先生や近所の人たち90人が
全員助かったということを知った。

http://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/12385.pdf


この校長のリポートを読んで、
なんというか、
うまく表現できない気持ちで
胸がいっぱいになって、
そのなんとも言えない気持ちは
今も心の中にある。


中浜小学校。
放射性廃棄物質の黒い袋。
飲み屋のマスター。
一本松。
チャリンコの高校生。
ワタリガニ。
西原さんの絵。
中舘調教師の笑顔。
雨に濡れた馬の皮膚。
帰還困難区域の道路。
防護服の警察官とゲート。
4年前に日帰り温泉で会った少年。


そういう記憶というか
映像みたいなものも、
胸の奥底のほうで
ぐるぐると渦を巻いている。


この旅行記の“デザイン”はまだ決まらない。
ずっと決まらないままかもしれない。

ただ、この文章を書きながら
なんとなく感じていることがある。

知り合いの若い人たちや
自分の子供や友だちの子供たちが、
なにかのきっかけで
南相馬や山元に行けますようにって
秘かに願っている。

そう願う理由は
やっぱりよくわからないけどね。

    終わり

←その2にもどる
その1から読む→
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る