So-net無料ブログ作成
検索選択

『おみおくりの作法』 [2016/04]

映画『おみおくりの作法』を観た。
higasinakano.jpg
録画しておいたやつ。

ロンドン
孤独死した人の縁者を探し、
葬式を出し、
墓に埋葬する係の民生職員、
ジョン・メイの物語。

44歳。

彼自身もひとり暮らしで、
孤独に暮らしている。

ある日、
上司から解雇を言い渡される。

ジョンは、
最後の仕事として、
40日くらい前に孤独死してしまった男の
娘や友達を探すことに取り組む。

その男は、
自分が暮らすアパートのちょうど向かいに住んでいたのだ。

全然別の人生だが、
その部屋を見ていると
どうしても自分の人生とリンクしてしまう部分がある。

娘の写真が貼ってあるアルバムを手に
男の知り合いを訪ねていく。

孤独死した謎の男が抱えていた
「孤独」と「希望」に触れながら、
自分自身の「孤独」を噛みしめ、
「希望」が芽生えていく瞬間を見つめていく。


この映画を観る人は、
まあ、自分の人生に照らし合わせたりしながら
いろんな見方をするんだと思う。

主人公・ジョンの孤独に人ごとではないと思う人。

彼が探す謎の男に自分を重ねる人。

アルバムに貼ってあった娘に会いたいと願う人。


俺は、映画を観ながら
なんとなく自分の仕事について考えていた。

やっぱり仕事したら
誰かに喜んでもらいたいな、とか。

死ぬまで仕事し続けるのかな、とか。

子供たちが自分で働き始めるまでは
仕事している姿を見せた方がいいのかな、とか。

仕事して稼ぐ金って
どのくらいがいいのかな、とか。


個人的には、
主人公のジョンが、
パブでひとりぼっちでテーブルに座り、
カウンターで飲んでいる人々……
誰かと一緒に生きているひとりぼっちじゃない人々の様子を
微笑みながら見つめて、
ウイスキーを飲んでいるシーンが好きだ。

ジョンの淋しさと人への愛しさがよくわかるし、
そういう気持ちで仕事をしているからかもしれないと
ちょっと思った。

たぶん、
それは俺だけじゃなくて、
多くの人が胸にしまっている
気持ちだと思うのだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。