So-net無料ブログ作成
検索選択

『CUT』 [2010/04]

ゴールデンウィーク初日、
三鷹へ行ったついでに、
『江ぐち』のあった場所をのぞいてみる。
matsubokkuri.jpg
明日、5月1日に、
後継ラーメン屋が開店するらしい。
『中華そば みたか』。

『怪物くん』の表紙がカッコいい!
『ロッキング・オン』が出している文化系インタビュー雑誌、
『CUT』を買って読んだ。定価は690円。
藤子不二雄A特集だった。

ショックだった。
読んでいて辛いのだ。
それは、雑誌のせいではなく、読者である俺のせい。
すごく簡単に言うと、俺には難しくって、
読んでいると疲れてしまい、集中力が続かないのだ。

書いてある内容が難しいのではない。
使っている言葉とかでもない。
入り口がわからないからだ。
で、出口も見えないからだ。
年をとったのだろうか?

精神的に若い読者なら、“好奇心”や“向上心”という武器を手に、
わかりやすい入り口がなくても記事の中に入っていける。
で、記事という“迷宮”を面白がりながら探検してくぐり抜けて、
読み終わって出口を出る時には、
なんらかの宝物を自分の中に見つけるのだ。

ところがどっこい、俺の場合。

ああ、おなかすいた、ラーメン食べたい、今日は醤油だ、
知らない店だけれど思い切って入ってみよう!
という入り口と、

ああ、美味しかった、また来ようかな、
でもちょっと重いから一年後って感じかな!
というような出口、

そういう超わかりやすいバカみたいな感情や気持ちが見えてこないと
最後までラーメンが食べられなくなっているのだ。
45歳の春だから。

あと、たぶんクルマを乗るようになったから。
それに、子供といっしょにいすぎるから。

『中華そば みたか』にチャシュー皿はあるだろうか?
ああはやく、明日にならねえかなー。




皐月賞 [2010/04]

今日は皐月賞。
prontzaurs.jpg
買い方はまだ決めていないけど、
たぶん、ローズキングダムの単勝は買うと思う。

この1週間はしあわせな1週間だった。

4月15日。
北海道に住む友達に子供が生まれた。
2640gの女の子。
去年の夏に遊びに行った時には、
もう子供はあきらめているようなことを言っていたのだが、
その直後にできたのだろう。

ああ、帯広に飛んで行きたい。

昨日、17日は結婚パーティー。
ギャグがホントにつまらなくって、
飲んで話しているとみんなの酔いが冷めてしまうような男と結婚した花嫁は、
見ていてうんざりするくらい幸福な笑顔。
43歳。

ホントかウソか知らないが、
40歳以上の未婚女性の結婚できる率は1%だそうだ。

ローズキングダムの母親のローズバド、
そして、その母のロゼカラーは、大好きだった牝馬。

小さい身体で、弾丸のように走ってくる姿は
胸の奥に炎のカタマリを作り出してくれた。

おめでとう、ロゼカラー。
おめでとう、ローズバド。
おめでとう、43歳の花嫁。
おめでとう、新しいかあちゃん。

あ、あと、バカな花婿と新しいとうちゃんもよかったね。

桜花賞 [2010/04]

自転車の練習をする息子に、
こんな凸凹してるとこより、平らな所で乗ってみれば?

サッカーは林の中じゃなく、広いグランドでやれば?

野球をやってるお兄ちゃんたちから離れて遊べば?

ぬかるみを歩くより、アスファルトを歩けば?

危険な山を独りで昇るより、頭のいい先生についていけば?

親の言うこと、考えることは
子供にとってだいたいマイナス。

今日は桜花賞。

大外回ってストレスの少ない競馬をしてきたお嬢様より、
もまれながら試練を経験してきた
おきゃんな少女を応援したい。
100411_115749.jpg

『TOP GEAR』 [2010/04]

クルマの免許を取って3ヶ月半。
guruguru.jpg
月に2回くらいの頻度でレンタカーを借りて
クルマの運転をしている。

首都高速で手に汗をかいたり、
ファミレスの車庫入れで柱にこすってしまったり、
助手席に乗る怖さを知ったり、
ま、それなりなカーライフ。

そんな流れの中で、
BSフジで始まったテレビ番組を観た。
イギリスBBC2製作の自動車情報番組『TOP GEAR』。

イギリスらしくウィットに富んだ、
というよりも非常に皮肉っぽい、
というのでもなくとっても毒舌、
というか、すんごく正直な番組で、笑って感心した。

「クルマは大人の(男の)おもちゃである」

そのテーマ一点で攻めていくので、
とにかく自由。
何者にも邪魔されない。
だからカッコいい。
んで、勇気が湧いてくる。

総合雑誌ではできないが専門雑誌ではできる
“無限のくだらなさ”の可能性を久々に感じさせてもらった。

なんというか、
ため息がとまらなくなるようなことはあるけど、
そん時は、
屋根を切り取ったルノーのワンボックスカーで走る男達の顔を
思い出そうと思う。


メッセージを送る