So-net無料ブログ作成
検索選択

狩り [2010/09]

シルバーウィークの真ん中、
混雑の間隙を縫って茨城に行った。
fukurodaneko.jpg
奥久慈で軍鶏と、“日本一うまいコシヒカリ”を食べ、
日立でタコシャブシャブを食べ、
最後に鉾田市で“狩り”をした。

メロン狩り、初体験。

鉾田市はなんでも“日本一メロンの出荷が多い”場所らしい。

さて、狩り、という名のつくメロン狩りだが、
他の果物狩り同様、
ごくりと唾を飲みながらショットガンを構えたり、
そろりそろりと近づいて突然爪を立てたりしないため、
命の危険や、
手に汗握る緊張感を感じたりはしないのだが、
それでもわりとスリリングなものだった。

例えば比べてみると、
イチゴ狩りは、なんというか、飽きる狩りだ。
食べているうちになんかもういらなくなってきて、
酸っぱいあくびが出てくる感じ。

さくらんぼ狩りは、ビックリするほど美味しいんだけれど、
ぶらさがってるどの獲物も素晴らしいし、
獲っているうちにどれが美味しいかわかってくるので、
どんどんドキドキしなくなっていく。

だが、メロン狩りは、狩る者を緊張させる狩りである。

今回はファミリーコース、
最初に1個のマスクメロンを父母息子ふたりの四人で食べて、
それからハウスに行って3個のメロンを狩るというコース。

そう、狩るのが3個だけなのだ。

1個は長男、2個目は母、そして3個目は次男が選んで、
ハサミでヘタの上部をちょきんと切って持って帰るわけなのだが、
ほら、大きさが違うでしょ、メロンって。

葉っぱが黄色く枯れている、
のが熟しているサインだそうだが、
その完熟メロンの中からなるべく大きいものを獲りたい、
狩りたいと思うのが人情。

一度ハサミを入れたら、もう取り返しはつかない。
スナイパーのような視線でメロンを見比べて、
ずっしりと重い、最高の獲物を狩るのだ!!

そんな野望を胸に秘めながら、メロンを狩った。

チョキ! チョキ! チョキ!
ずしっ、ずっしん、ずっしりりん。

今日はなかなかいい狩りができたぜ…
というような顔をしてわいわい盛り上がっていたら、
ハウスの入り口で終わるのを待っていた
お店のおねえさんがクスクスと笑っていた。

茨城をクルマで走っていると、“日本一”の字をよく見る。

たぶん、アンコウの出荷量も日本一だと思う。
まだ、季節じゃなかったので食べられなかったのだが。

あと、納豆も日本一かもしれない。

でも、納豆狩りはなんかイヤだ。
どうも想像がふくらみすぎる。


『マンマ・ミーア!』 [2010/09]

映画『マンマ・ミーア!』を観た。
ケーブルで録画しといたやつ。

去年の2月くらいか、映画館で公開中に、一度は観ようとしたんだけど、
観に来てたオバサンたちのド迫力に負けて観るのをやめたのだが、
そん時、観なくてよかった。

だって大号泣しちゃったんだもん。
もんもーん。

子供は寝たし、妻は呑みに出かけてるし、で、
遠慮することなく涙と鼻水を流せた。

涙の原因の一つは、もちろんABBAの歌。
小学校から中学校に入ったくらいの時期にすごく流行っていて、
俺も大好きで、ラジカセで超聴いていた。

多感でセンチメンタルな頃、
その頃の気分が波のようにザップンザップン押し寄せてきた。

もうひとつ、胸に込み上げてきたのは、
学生時代の気持ち。

当時、自主映画を作っていて、
あんまり面白くなかったのだが、
それは自分が撮りたいモノがキッチリわかってなかったのが面白くない原因だったと思う。
たぶん。

で、『マンマ・ミーア!』を観ていたら、
あ、これがやりたかったんだな、俺と
ちょいと附に落ちたのだ。
その頃のなんかもがいてる感じが、
ぐわあああと襲ってきて、なんか泣いたのだ。

うーん、俺もすっかりオバサンだな。
マズイマズイ。
100910_094352.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

The ピーズ [2010/09]

四国・四万十川に出かけていった友だちが
なかなか帰ってこない。
skytree.jpg
もう一ヶ月。
どうしたんだ?
まさか流されたんじゃあるまいな、
と思ってたら、メールがまわってきた。
来週くらいに帰ってくるらしい。

ずっとカヌーに乗っていたのだろうか?
ずっとテントで寝泊りしていたのだろうか?
食べ物は四万十川の鮎だけなのだろうか?

そんなこたあないだろうが。

ときどき行く吉祥寺ハモニカ横丁の飲み屋を
やっている若い夫婦が、
ここんところピーズにハマっている。

ロックバンドのThe ピーズ。

その店に飲みに行くと、ずっとピーズの歌がかかっている。

だから、ついついバカになって、
いい気持ちになって飲みすぎて、翌日二日酔い。

20年位前か、
ピーズの人たちとはよく野球の試合をしていた。
早朝とか、真昼間とか、夕方ナイターとか
とにかくバカみたいに野球をしていた。

ピーズのブログを眺めていると、
あの頃とはなんにも変わってない感じがして
ちょーうれしくなる。

バカは死ななきゃ治らない。

誰が言い出したか知らないが、
なんて素晴らしい言葉なんだろう。

サンキュー



メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。