So-net無料ブログ作成
検索選択

うさぎ映画 [2012/03]

昔っから、うさぎが好きではない。
fujiyama.jpg
うさぎ好きの人が聞いたら怒られそうだが。

そう、
世の中にはうさぎ好きの人がいっぱいいる。

闇金でブイブイ言わせている
ウシジマくんも、うさぎが大好きだ。
「ウサギはさびしいと死んじゃうんだよ」
と小動物のような目をした酒井法子に
テレビの中から訴えかけられたこともある。
フィクションだけじゃない、
実際にペットとして飼っている知り合いもいた。

だが、俺にはうさぎを可愛いと思う
その気持ちがまったくわからないのだ。

第一に、目の位置が嫌なのだ。
それからなぜ、鼻をひくひく動かすのだ。
耳も、長いのはいいとして、
なぜそんなに充血させているのだ。

と文句をつぶやきながら、
うさぎ関連の映画を二つ、DVDで観た。


一本目、
『ラビット・ホラー』。

清水崇監督のホラー映画。

満島ひかりがすごく熱演している。
ただ、俺の場合、
ホラー映画は主人公が熱演すればするほど
映画自体怖くなくなる傾向がある。

それに、このホラーは
観客みんなが
“よく知っているイメージを次々と押し出していく”
タイプの映画で、
それはとても有効な手段なのだが、
どっちかというと
“見たこともないものを見せてくれる”
ホラーが好きな俺としては、
いまいち鳥肌が立たなかった。


二本目、
『うさぎドロップ』。

登場人物も、カメラも、
とにかく良く走るSABUの映画。

芦田愛菜の表情に癒されたり、
微笑まされたりしながら、
心を走らせながらとても面白く観たのだが、
同時にむかっ腹が立ってしょうがなかった。

なんで、あんなにいいコなんだ!
あんな子供がリアルにいるのか!
いや、いるんだ、知ってる、存在しているのは。
だけどもおかしい、
なんで、うちのガキはあんなにもしょうがないんだ!
どういうわけなんだ!

と、
二つの感情が混在してしまい、
いまいち泣けなかったのだ。


たぶん、俺はうさぎと相性が悪いのだろう。

ま、昔食べたうさぎのジビエは美味かったが。
ボルドーワインと一緒にまた味わいたい。
どっかのレストランで作ってくれないかな。

なーんて、
うさぎ好きの人がますます怒りそうだな。



『ドラえもん のび太と奇跡の島』 [2012/03]

映画館で『ドラえもん のび太と奇跡の島』を観た。
kamairuka up.jpg
昔ながらの映画館の形態で、
ちょっと観づらかったりするので、
普段、地元の映画館にはあまり行かないのだが、
たまには面白いかなと行ってみた。

上映20分前に行ったら、
次回上映を待つお客さんが階段に並んでいる。
うわさ通りの人気。

しばらくしたら、下のほうに長男の同級生が並んだ。
女の子二人、そして、その妹が一人。

ようやく入場開始。

女の子三人が俺たちの前の席に座った。

ん?
連れてきていたお母さんがいない。

そうかー。
子供たちだけ映画館に入れたら、
約1時間半、
自由に買い物とかして後で迎えに来るんだ。

なるほどー。
なかなかいい手を教えてもらった。

前の席に座った
長男の同級生ギャルズは、
財布取り出してポップコーンの相談をしている。

130円で買えるとのこと。

今日は二千円持ってるんだと自慢している。

そのうち、小さい妹を置いて、
小学1年生二人で買いに行ってしまった。

その間、
妹は不安げに後ろを振り返ったりしていたが、
そんなにビビってはいなかった。

うむ。
こういう鍛え方もあるのだなと思った。
バカ面して
上映を待っているうちの兄弟をちらりと見て思った。


映画は、
動物好き、昆虫好き向けの
小さな子どもたちでも楽しみやすいストーリー。

疲れがたまってて、
途中ちょっと寝てしまったが、
まあまあ面白かった。

スネ夫の自慢話がなかったのがさみしかった。


3月は別れの季節。

映画をいっしょに観た姉妹は、
ルーマニアだかどっかに引っ越すらしい。

『ドラえもん』映画は
上映しているのだろうか。






メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。