So-net無料ブログ作成
検索選択

トヨタ・ヴィッツと日産・マーチ [2013/02]

矢野顕子の忌野清志郎トリビュートアルバムを聴いた。
himitukiti.jpg
聴いてるうちに、
子供の秘密基地で、聴きたくなった。

井の頭公園の西園、
グランドの端っこ、
植木の茂み、大きめの椿の木の下に
うちの息子たちとその友達の
“秘密基地”がある。

狭ーいスキマの真中に
小さなビニールシートを敷き、
その周りにいくつかの石を
椅子代わりに置いている。
棒っきれやサッカーボールも転がっている。

ジャンパーまで敷物にして、
雑誌を読んだり、
仮面ライダーのおもちゃで遊んだり、
何かのごっこ遊びをしたりして
くつろいでいるらしい。

招いてもらった時、
隅っこに座ろうとしたら、

「そこはトイレだよ」

と、たしなめられた。

うひゃあ! と、あわてて移動する。


RCサクセションの歌は俺にとって、
学校の屋上やら、
川原の土手やらで聴きたい歌で、
チャリンコの鼻歌にもちょうどいい感じの歌。

昔の仲間と歌うイメージもある。

一方、
矢野顕子のカバーアルバム、
『矢野顕子、忌野清志郎を歌う』は、
どっか、
あんまり人の来ないところで
密かに聴きたい歌たちだった。

例えば、
子供たちの“秘密基地”に勝手に入って、
樹の間からのぞき見える
青空をながめながら、とか。


トヨタのヴィッツと日産のマーチ

日本を代表するふたつの自動車メーカーが作った
代表的なコンパクトカー。

大きさも、
値段も、
パワーもハンドリングも、
燃費なんかもほとんど同じ感じだろう。

でも、
この二つのクルマは俺にとってかなり違う。
運転していて、まるで別のクルマだった。

それがうまく説明できなくて、
ちょっとしたジレンマを抱えていたのだが、
矢野顕子の歌を聴いていてわかった。

ヴィッツを運転しながら矢野顕子の歌は聴かない。

でも、
マーチを運転しながらなら矢野顕子の歌は聴きたいのだ。

運転している時、
心の視線が、
ヴィッツの場合は外側を向いていて、
マーチの場合は自分自身に向いているのだろう。


高速道路で渋滞している時、
隣りの車線にヴィッツがゆっくり走っていたことがある。

「わ」ナンバー、レンタカーだ。

OLさんたちだろうか、
25歳前後の女子が5人乗っている。

楽しそうにみんなで歌を歌っている。
というか、叫んでいる。

狭い車内に5人、
そんなに大声で歌ってたらうるさいだろうなあと、
横を見ながら、くすくす笑った覚えがある。

あれは、誰の歌を歌ってたんだろう?


子供たちの“秘密基地”、
椿の木に登った次男に向かって
長男がつぶやいていた。

「ここで暮らしたいなあ」

オモチャを持ち寄り
漫画を持ち寄り、
パンなんかも買ってきて、
歌も歌ったりするのだろう。

いつか、
ヤツらがその秘密基地に音楽を持ち込んだ時、
どんな歌を聴き、
どんな歌を歌うのかな。



ミニ・クロスオーバー [2013/02]

三鷹市の健康診断を受けた。
kikaidar.jpg
毎年恒例のやつ。

したら、検査二日後に医者から呼び出された。

メタボだそうである。

知ってたけどね。

実は、
以前から中性脂肪の薬を服用していたのだが、
この2、3か月前からストップしていたのだ。

そのかわり、酒量をぐーっと減らしてみたのだ。

「あなた、そりゃ無謀ってもんだよ」

医者にしっかり叱られた。

薬は飲まなくちゃ、マズイ数値が出るのは当たり前。

はい、ちゃんと飲みます。

んで、本線の話、
ダイエット計画の指導をされた。

これから半年、
飯の量を減らし、
毎日20分程度のジョギングをして、
3キロ減&ウエスト3センチ減を目指しなさい。
つーことになった。


ミニ・ワンやクーパーの兄貴分みたいなクルマ
クロスオーバーは、
ミニ・ワンが大阪・十三のたこ焼きとするならば、
明石のたこ焼き(玉子焼き)、
“明石焼き”のようなクルマだ。

同じたこ焼きと言っても、
ものは全然違う。

見た目も食べ方も味も触感も違うし、
なにより
食べる時の心持ちが違う。

十三のたこ焼きは、
おやつというか、
ちょっとしたつまみというか、
飲んだ後のお楽しみというか、
ま、
サイドオーダー的に楽しむものだと思う。

だが、明石焼きは
そのものがメインディッシュであり、
はなから満足感を期待する食べ物だと思う。

ミニ・クロスオーバーも、
乗っていること自体で満腹感があるようなクルマだ。

いい意味でも、悪い意味でも。

確かにカッコいい。
運転していると気分がいい。
車内もミニより広々としている。

だけどその一方で、

なんか無理して大きくしちゃってない?
こんなに重くしちゃって、
ミニのよさが台無しじゃないの?

なんて気持ちがしてくる。

で、しばらく乗ってると、

もう今日はこんなもんでいいか、
おなかいっぱいだから。

みたいに思ってきてエンジンを切りたくなるのだ。


とりあえず、
20分のジョギングは精神的につらいので、
20分のサッカーボール遊びから始めた。

これならいけそうだ、

と思った矢先、
幼稚園で子供たちをグルグルまわして遊んでいたら、
腰にガクッときた。

しょうがない、
二三日休んで、また始めるか。


もし、減量計画に飽きてきたら、
ミニ・クロスオーバーの重さを思い出して、
がんばろうかな。

んで、半年経って、
目標をクリアしていたら、
ミニ・ワンみたいな気分で、
明石までドライブしてみようっと。

待ってろよ、明石焼き!!


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。