So-net無料ブログ作成

ダービー [2014/06]

今日はダービー。
土竜ケーキ.jpg
信じられないことに
仕事があって東京競馬場に行けない。

そんなバナナ!
バナナンバナナンバーナーナ!!

ということで
馬券を買ってから出かけようと思っているのだが、
これがなかなか決まらない。


「ダービー、何買うの?」

みたいなことを
誰彼となく訊き合うのがダービーウィークの常だが、
実は、
馬券の買い目を訊き合うのは
結構恥ずかしいことなのだ。

もちろん、
勝った馬券が全然外れていて、
アホ丸出しになるのも恥ずかしいのだが、
それよりも
今考えていること、
願望とか、
夢とか、
気にしていることが
バレてしまうのが一番恥ずかしいのだ。

頭の中が晒されるというか。


今、俺の頭の中には
鳥の巣がある。

少し前から
屋根裏の換気扇の向こう側に
鳥の巣が作られていて、
親鳥が餌を運んでくるたび
ヒナ鳥がピーチクパーチク鳴いて、
とっても大騒ぎしている。

ギーギーギーギーと鳴く
親鳥の姿は庭で確認できていて、
モズだかツグミだかそんな感じの鳥なのだが、
ヒナ鳥たちの様子は確認できない。
巣もどんな感じなのか見えないのだ。

何羽いるのか。

どんな顔して餌を待っているのか。

弱くてエサがなかなか食べられないヒナもいるんじゃないのか。

などと、
ついつい想像してしまっている。

ヒナが巣立ったら掃除しなきゃなと考えながら、
巣立つまでその日まで
姿を見られないというのも
なんとなく寂しい気がしている。


さて、
今日のダービーだ

牧場で母親から離れされて、
けっこう泣いたりしながらもケロッとして、
仲間たちとけんかなんかしたりして、
そのうちに人間にいろいろ教わって、
信頼関係なんかも築いてきちゃって、
立派に育った若駒たちが挑む大舞台。

どの馬が一番にゴールに飛び込んでくるのか。

大人の世界に飛び立っていくのか。

そして、
しんがりの17頭めにゴールするのはどの馬なのか。

しんがりの馬に
騎手や調教師はどんな顔をして
馬の首を叩いてあげるのか。

そんなことを思いながら馬券を買うことにしよう。




メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。